偽シアリスによる健康被害

シアリスは、ED治療薬としては世界の御三家のひとつともいえる有名な製品ですので、海外ではこれを偽造して売りさばく、組織だった動きなどもみられます。
こうした偽シアリスは、まず衛生的に管理されていない環境のもとで製造されていることのほか、別銘柄のED治療薬や、その他由来不明の成分を混合して、外見だけを本物らしく見せかけている場合があるため、あやまって服用してしまうと、重大な健康被害をもたらすことがあります。
例えば、日本国内で起きた事例では、タイの友人からもらった偽シアリスを服用した男性が、はじめは冷や汗、ふらつきなどの症状で病院を受診したものの、その後に低血糖症で意識レベル低下という事態に陥ったことが報告されています。これは、偽シアリスのなかに血糖降下薬の成分が大量に含まれていたことが原因となっています。
また、オーストラリアでも同様に、ベトナムで購入した偽シアリスを服用したところ、重篤な低血糖症に陥った事例が確認されており、その錠剤を分析してみたところ、血糖降下薬の成分と、他のED治療薬であるバイアグラの成分が確認されたということです。
さらに、シンガポールからは、死亡例1例を含む健康被害が公表されており、同時に90件近い入院事例があったとのことです。この偽シアリスの成分を調べてみると、やはり血糖値を下げる成分が含まれており、これは医薬品として通常使用される限度の4倍を超えていたということです。
こうした偽物は、ネット通販による個人輸入などで拡散することも多く、わが国の厚生労働省でも注意を呼びかけていますが、もし通販サイトを利用する場合には、信頼のある業者を選ぶことが、たいへん重要であることを端的に示す例であるといえます。

■他にも有名なED治療薬レビトラがあります
レビトラ購入は通販で